現場監督を目指したいなら

1級土木施工管理技士

建設会社の現場監督を目指したいなら
まずは1級土木施工管理技士を取得しましょう。

2級では経審の加点も少ないですし
大きな現場で必須となる監理技術者にもなれません。

1級と2級では天と地の差があるという事です。

1級では実地試験での論文が課題になると思われますが
きちんと対策をすれば一発合格する事は可能です。

必要な実務経験年数を満たしているなら
最初から1級を受けることをおすすめします。

最大の難関は
実地試験の論文」でしょう。

それぞれの課題に対して文章を作れたとしても全て暗記するのは至難の業。
よほど暗記力のある方なら可能な事かもしれませんが(笑)

かと言って毎年受験して二次試験だけ合格できないというのが続くのも嫌ですよね。
できるなら一発で合格したいというのが本望かと思います。

参考書を見ながら様々な例文を参考に作るのも1つの手だと思いますが
見よう見真似で作った論文が全くの的外れという場合もあります。

やはり一発合格する方は最初からきちんと対策しています。
最短で合格するには何が必要か。
最短で合格するには何をしなければならないのか。

その答えがこちらに書いてあります。
どうしても一発合格したいなら読んでみて下さい。
1級土木施工管理技士の勉強方法