蚊やダニに刺されやすい人と刺されにくい人の違いとは?

年齢や血液型そして性別の違いで、蚊やダニに刺されやすい人と刺されにくい人っていますよね。

このページでは、どういう人が刺されやすいのか?または刺されにくいのか?を徹底的に調べたものを掲載します。

蚊の豆知識

蚊は二酸化炭素に反応する

蚊は二酸化炭素に反応するので、新陳代謝が盛んな若い人は排出される二酸化炭素量が多いため刺されやすい。

足の裏の菌

蚊は人間の足の裏の細菌によって刺されやすい人と刺されにくい人がいる。

体臭にも注意

蚊は体臭の強い人や汗かきの人(高体温)に寄る習性がある。

O型の人

もう定番化していますが、やはりO型の人は刺されやすいようです。
人間は最初O型の人しか居なかったと言われているので何かしら関係があるのかもしれませんね。

 

ダニの豆知識

ダニは人間の汗が好き

ダニは汗かきな人や、赤ちゃんなどの肌が柔らかい人が刺されやすい。

ダニが繁殖しやすい環境

免疫力が低下している時に布団や車のシートなど、ダニが繁殖しやすい場所にいると刺されやすく反応も出やすい。

頭を清潔に

ダニは頭髪やフケを好む性質があるので、シャンプーの回数を増やすというもの1つの対策法。

布団乾燥機でダニを除去

布団が50度以上になるとダニは死滅すると言われていますので、布団乾燥機などで一度布団を温めるものおすすめ。