ドライヤーを怖がるパピヨンに♪ストレスなく乾かしてあげる方法

ペット用品

パピヨンのお風呂上がりのドライヤーって結構大変ですよね。
家中に抜け毛が飛び散ってしまいますし、ドライヤーを怖がって四方に走り回ってしまいます。
お風呂に入れるのは楽なのに乾燥で時間が掛かってしまうパターンが増えてきました。
サッと乾かすことができる無音ドライヤーでもあれば楽に乾かせるんですけどね。

そこでネットで色々調べたんですが、ドライヤーを使わずに乾燥できる
「ペットドライルーム」が人気のようなので早速購入してみました。

↓ ↓ ↓ ↓

お風呂上がりのペットを乾かす快適空間【ペットドライルーム】

 

ペットドライルームとは?

ペットドライルームとは、わんちゃんを中に入れてあげるだけで、自動で乾かしてくれる今人気の商品です。
飼い主さんにとって面倒な「乾かす作業」の手間を完全に省いてくれます。
パピヨンのような小型犬なら2匹同時に乾かすことができるので、多頭飼いの方にとっては、より効率よくペットを乾かす事ができます。

ドライルーム外観

ペットドライルームの特徴

お掃除が楽ちん♪


今まで家中に飛び散っていた抜け毛も、ルームの中でブラッシングする事で、仕様後にルーム内だけ掃除すれば簡単に抜け毛を取り除くことができます。
また、ルーム内のマットはポリエステル仕様で水に強いため、簡単に汚れを洗い流すことができます。
おもらし等で汚れた場合は、取り外して水洗いをすればOKです♪

 

根本までムラなく乾燥

市販のドライヤーで乾かすと、風力や熱風で風が当たっている部分しか乾きませんよね。
この場合、毛先は乾いていても根元部分までは乾いていないケースがほとんどです。
根本まで乾ききらずに放置すると、皮膚病になってしまう可能性もありますし、無理に乾かそうとすると熱風で低温火傷を引き起こすケースも有り得ます。

でもペットドライルームなら水分を蒸発させて乾かすので、毛先から根本まで均等に乾燥させる事が可能になります。

 

実際どれぐらいで乾くの?

 

美術館のような静かさ

犬や猫の聴力は人間の4倍以上と言われ、普通のドライヤーの音は脅威でしかなく、想像以上にストレスを感じているんです。
「うちの子はドライヤーも平気ですよ」という方もいますが、実はただただ怯えてるだけかもしれません。

でもペットドライルームなら48デシベルと美術館内と同様の音量なので、ペットにストレスを与えずに乾かす事ができます。

 

なぜこんなに人気なのか?

乾燥中もペットとコンタクト

天面が透明ですので、慣れない環境に置かれた犬が不安に感じないように、飼い主さんと目線を合わせれる設計になっています。

 

常にスキンシップが可能

側面から腕を入れることができるので、乾燥と同時にブラッシングもできます。
おやつをあげたり、常にスキンシップが取れるので安心です。

 

噛みグセ対策も完備

噛みグセのあるワンちゃんでも大丈夫なように、内部のマチは全て1cmになっており、奥歯で噛みたくても噛めない工夫が施されています。

 

みんなのレビュー口コミ

本当に楽です

とても便利です。2匹なのでお風呂に入れて乾燥させる事が多々あるのですが、本当に楽になりました。
私の愛犬たちは、暖かいせいなのかドライルームで居眠りしています。

子猫に使っています

うちの子猫たちは皆ドライヤーを嫌がるのですが、このドライルームは全く怖がる事もなく乾燥させてくれます。
敢えて普段も入れるようにリビングルームの片隅に設置しています。

中型犬でも楽々です

中型犬の親子をお風呂に入れる度に自分がクタクタになってましたが、このペットドライルームを使用してからは、本当に楽になりました。犬たちもおとなしくしてくれて、素直に風に当ってくれるからいいですね。

マルチーズ2匹に使用中

マルチーズ2匹育てていますが、入浴と入浴後の乾燥が本当に億劫でした。
でもこれさえあれば入浴だけで済むので、家事へ時間を回すことが出来て本当に良かったです。

 

あなたのパピヨンにも快適空間を♪